HOME


マキセンサービス


コンデンサレスLED照明システムのマキセンサービス
匠の技ロゴ2
LEDオーダーメイドロゴ

マキセンアドレス

クールチョイス

コンデンサレスLED照明システム


マキセンサービスでは、これまでトランス電源メーカーとして蓄積してきた数多くのノウハウを最大限に生かして、三相交流制御技術を活用したコンデンサレスLED照明システムを開発しました(特許登録済み)

LED照明機器には一般的に大容量のコンデンサが用いられておりますが、コンデンサは有寿命部品であるため、LED照明機器の寿命を制限する要因となっています。そこで当社はトランス(変圧器)技術と三相交流制御技術を盛り込んだ、コンデンサレス(電解コンデンサ・セラミックコンデンサ・フィルムコンデンサ等を一切使用しない)の三相全波整流DC電源を開発しました。この三相全波整流DC電源と新しい電流制御技術により、三相交流を活用したコンデンサレスLED照明シズテムを実現しました。


☆三相交流を活用したコンデンサレスLED照明システムの概要

ブロック図

三相全波整流DC電源と新しい電流制御方式によるLED照明システム





三相交流は単相交流と比べて電圧変動が少ないことから、全波整流しただけの直流電力(脈流)でLEDランプ(光源)を点灯してもチラつきが発生しません(光出力のピーク値の5%以下の部分がない)。


設置方法




三相全波整流DC電源から出力する直流電力(脈流)を既存水銀灯の電灯回路を利用してLEDランプへ供給することで、簡単に点灯することができます。尚、キュービクル(高圧受電設備)のある高圧受電契約であることが三相交流電力を電灯電源として利用できる条件となります。

☆三相交流を活用したコンデンサレスLED照明システムの特徴

■熱的要因で劣化するコンデンサ(有寿命部品)を使用しないため、高温環境でも使用できます。

■三相交流を利用した三相全波整流DC電源は高調波の発生がありません。

■直流電力と同じく、脈流であっても出力電圧の変動幅が小さいため、チラつきが発生しません。

■ノイズの発生源になる電子回路や電子部品を使用しないため、ノイズの発生がありません。

■三相交流電力は輸送効率や利用効率が高いため、電圧降下を少なくできます。

■システム全体がサージやノイズに強いアナログ回路で構成されています。

■新しい電流制御回路により、入力電源電圧が定格電圧±6%と広く設定できます。

■電源容量の大型化が簡単にできるため、高出力LEDランプにも対応できます(2000W以上)。

☆三相交流を活用したコンデンサレスLED照明システムの使用例

■鋳物工場の高天井照明

■港湾施設用照明

■病院内手術室の天井照明

■テニスコート、ゴルフ場、フットサル場のナイター照明

■植物工場の大型直流電源装置


マキセンサービスが展開するカスタマイズサービスでは、天井灯や投光器など様々なデザインのLED照明器具をコンデンサレスLED照明システムとしてカスタムメイドできます。また実際に工場施設でLED照明器具をお使いになるお客様のことを念頭において、カスタマイズ品および完全受注生産品及びのLED照明器具のOEM・ODM生産の提案も積極的に行っています。